高校入試情報はコチラから!

「そうじゃなかった」という答え合わせ

受験ではマルの方が良いイメージがあります。

というか、勉強にとってマルの方が良いイメージがありますね。

成功のイメージと言いましょうか。そんな感じですね。

マルの反対はバツ。

バツには失敗のイメージがありますね。

ちょっとここで考えましょう。

バツは悪いものだと思いますか?

おそらくそう考える人が多いですね。

僕は「バツ=悪いもの」だと考えていません。

失敗というのは成功へ近づいていくことです。

結果的にうまくいかなかったというだけのこと。

失敗も成功も結果に過ぎません。

何かを行う過程にも意味があります。

失敗というのはある意味「そうじゃなかった」という答え合わせをしただけのことです。成功の確率を高めていくんです。

特に小中学生の勉強では、バツにこそ価値があります。

それをマルに変えていく努力をすれば良くなっていくんですから。

こないだある小学生に言いました。

「こまめに提出して、はやめにバツをもらおう。そこを直していけば、どんどんマルが増えるはずだから」

小学生は「?」という顔でしたが、すこし説明するとわかってくれました。(たぶん 笑)

教室ではたくさんバツをもらいましょう。

そしてマルを増やす努力をしていきましょう。

成長が早まっていきますよ(´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次