高校入試の記事はコチラから!

【スマートロック】Qrio Lock(キュリオロック)を設置しました!

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

先日のことですが、オンライン授業への切り替えの際に教材を取りに来て頂いたことがありました。

その時教室を開けられないタイミングしか都合がつかない場面があったんです。(それでも取りにきていただいて感謝!)

ポストに入れておいてそれを取ってもらうようお願いしましたが、これだと雨の日は無理。またワクチン接種の際にはスタッフに教室を開けてもらいました。

そんな中僕の不在時にも鍵を開けられれば良いなと考えはじめました。

てことでスマートロックなるものを導入(´∀`)

その名もQrio Lock (キュリオロック) Q-SL2

これだと離れた場所からでも鍵の開け閉めができるんです。これがうまくいけば自習室などの別教室ゲットに一歩近づきます。

スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」のパッケージ
箱もスマート
スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」の説明書と箱
説明書もスマート

開けてみると小さいコーヒーメーカーみたいなものがでてきました。

スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」の本体上部
ドアの鍵にかぶせて使う
スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」の本体側面
小さいコーヒーメーカーに見える

説明書を読んでみると、ドアノブ付近を洗剤でピッカピカにしろとのこと。

この上にテープで貼るのだ

まずはウタマロクリーナーで綺麗に(´∀`)

ウタマロクリーナーと雑巾
住宅用クリーナーと書いてあるけど、気にしない。
ドアの鍵を洗剤で洗う
シュバ!

猛烈なる勢いで拭きとり、綺麗にしました。

すると鍵の形に合わせて本体の口を決めろと。わかった。決める。

スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」の付属品
Lサイズの太さに驚く
スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」を上から見た図
うん。ハマってる。

止める前に位置決め。鍵をガチャガチャしてみながら場所をベストな場所を探していきます。回転の軸を探すのも一苦労。

スマートキーQrio Lock(キュリオロック)の設置写真
落としてしまいそうで最も緊張感のあるシーン。

場所が決まれば電池をいれて起動し両面テープで貼れとのこと。わかった。貼る。

そう、このロックはビスでとめたりせずに両面テープで貼るんです。

Qrio Lock(キュリオロック)の駆動電池
見たことない電池

貼れたら2分以上圧着とのこと。わかった。押す。

最初はドアを開けたまま両手ではさんでいましたが、途中でドアを閉めて体重をかければ良いのでは?と気づきました。うん、その方がスマート。

Qrio Lock(キュリオロック)を圧着する
ドアを閉めてもたれかかる
もたれかかっている間に生徒が来た 笑

生徒が来るものの体重をかけているためドアノブが動かず困惑するというハプニングもありつつ設置完了(´∀`)

Qrio Lock(キュリオロック)の設置されたドアの鍵
コーヒーメーカーのついたドアの誕生

オートロックも設定できるようで、そのためのセンサーも設置。

Qrio Lock(キュリオロック)の感知センサーを実際に取り付けた写真
これでドアの開閉を感知するらしい

これで設置完了!

あとはアプリをダウンロードしてBluetooth接続して完了!

Bluetooth…?

え?Bluetooth?

あ、これBluetoothなの?

Bluetoothだとスマホとの直接交信。スマホが近くにないといけないじゃないか。

つまり、僕の不在時に鍵を開け閉めするという目標が達成できないじゃないか!笑

ん〜ネットで見たのと違うぞと思って調べたら別のデバイスが必要でした。

自分のうっかりぶりにほとほと困りますε-(´∀`; )

というか普通に考えればBluetoothですよね。

てことで買い足します。笑

スマホのGPS機能を利用してのハンズフリー機能もあります。駐車場に着くとオートで鍵があくということもできちゃいます。日常的にスマホのGPS機能をオンにしている人には便利そうです。

それでは本日はここまで。スマホで開け閉めしている動画を貼っておきますのでご覧くださいませ。

ウィーンという音がそれっぽい

ちなみにアプリで履歴が確認できるので、しめ忘れの心配もなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる