【勉強法】場所と時間を変えると良い、らしい

勉強の耳薬(みみぐすい)

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

本日は「勉強の耳薬(みみぐすい)」コーナーとしまして、勉強法の紹介をしたいと思います。

テスト勉強や受験勉強をうまくいかせたい中学生や、それを支えてあげたいお家の方におすすめの記事です。

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実! | ベネディクト・キャリー, 花塚 恵 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでベネディクト・キャリー, 花塚 恵の脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!。アマゾンならポイント還元本が多数。ベネディクト・キャリー, 花塚 恵作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク

前提:勉強時の環境を復元するとより多く思い出せる

心理学者のD・R・ゴッデンとA・D・バデリーが数名のダイバーを雇い、実験を行いました。

それは、海に潜って単語を覚えてもらうというもの。

それを、地上でテストするグループと水中でテストを受けるグループを比較したところ、水中グループの成績が30%よかったといいます。

ここから、勉強時の環境を再現できればより多く思い出せるとされています。

テストの時に環境を復元するのは難しい

とはいえ、試験をお家で受けるわけにもいきません。テストの時にまったく同じ環境を復元するのはなかなか難しいものです。

そこで勉強する環境を変えるという実験が行われました。

環境を変えるだけで成績に差が出た

心理学者のスティーヴン・スミスとロバート・ビョーク、アーサー・グレンバーグの実験では「環境を変えて勉強した方が思い出しやすい」という結果が得られました。

  • Aグループ:2回とも同じ部屋で同じ単語を覚える
  • Bグループ:2回とも異なる部屋で同じ単語を覚える

この2つのグループに「ごく普通の教室(AもBも使っていない部屋)」でテストを実施したところ、40%以上の差がつきました。

もちろん成績の良かったのはBグループ(2回とも異なる環境で勉強)です。

まわりの環境もインプットされている

勉強して知識をインプットするとき、その知識だけでなく、まわりの環境についての情報もセットで脳内に保存されています。(しかも無意識のうちに)

思い出す時に、その環境がフックとなって思い出しやすくなると考えられています。

環境を変えることで手がかりを増やすことができます。

「あ〜この単語、○○と一緒に勉強したんだけどな〜。あれはたしか、教室の入り口ぐらいの席で…」と想像しているうちに思い出すという経験をしたことのある人は多いと思います。

その意味でも環境を変えたり、やり方のバリエーションを増やすと良いといえます。

勉強という体験には自覚している以上にさまざまな面があり、そのなかには記憶の保持に影響を与えうる面があるということ。

『脳が認める勉強法』ベネディクト・キャリー(ダイヤモンド社/2015)

環境を変えてフックをふやす

たとえば英単語を覚えるときにも、学校でやる、家でやる、カフェでやる、公園でやる、歩きながらやる、友達と問題を出し合うなどして場所ややり方を変えることが有効です。

テストの時に思い出す「きっかけ」を増やしておくことにつながるからです。

もしかしたらテスト中に外から鳥の鳴き声が聞こえるかもしれません。

その鳴き声を聞いた脳は、公園で覚えた単語を思い出す力を強めるのです。

補足

こういうささいな情報から思い出すのは、無意識に行われるものです。けして「あ、鳥が鳴いている。鳥?そういえば公園で鳥が鳴いてたな…。あ、思い出しだぞ!」みたいな意識が働くわけではありません。なんとなく思い出せるということです。

いつもの場所をすこし変えてる

場所を変えるのが難しければ、すこし変えるだけでも良いでしょう。

シャーペンを変えてみる。服装を変えてみる。ちがう友人と勉強してみる。時間帯を変えてみる。教科の順番を変えてみる。

同じでなく、変化を作り出すことが大切です。そうやって工夫しながら勉強すると、思い出しやすくなります。

環境を変えさえすれば、どの部分を変えるかは大した問題ではないということだ。

『脳が認める勉強法』ベネディクト・キャリー(ダイヤモンド社/2015)

準備するときの環境はいろいろと変えたほうがいい。(中略)場所を変えてみるといい。時間帯を変えてみるといい。部屋にあるギターを外に出そう。部屋でしていたことを、公園や森でしてみよう。いつもと違うカフェに行こう。練習するコートを変えよう。クラシック音楽の代わりにブルースを流そう。いつもの手順や環境に変化を持たせれば、予行練習の内容が豊かになる。

『脳が認める勉強法』ベネディクト・キャリー(ダイヤモンド社/2015)

まとめ

  • 環境を再現すると思い出しやすくなる
  • 勉強時の環境を変えても思い出しやすくなる
  • 無意識のうちに環境の情報もインプットされる
  • 環境を変えて、思い出す手がかりを増やすと効果的

環境を変える中で、複数回に分けて勉強することにもなり、復習効果が高くなります。いろんな場所といろんな時間でちょこちょこと勉強にふれていく方が良いのかもしれませんね。

ベンガルの生徒も自習の席を変えたり、教科を変えたりしながら勉強してみてください( ´∀`)

それでは本日はこれにて。お読みいただきありがとうございました。

公式LINEのご登録はこちらから!

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

登録しただけでは誰かわからない仕様です。ご興味ある方は安心してご登録ください♪

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました