高校入試の記事はコチラから!

【高校入試】面接についてのお悩み

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

高校入試までのこり1週間をきりました。気になっている生徒も多いのが面接です。

よくあるお悩みを共有しておきたいと思います。

本当に書けない子を想定して、無理のない回答例も用意しておきました。そのまま使ってもパンチが弱いように書いたので、しっかり自分で考えてきださいね( ´∀`)

目次

面接って何を聞かれるの?

多くの中学校で「面接練習シート」が配られていると思います。それを使って準備しましょう。

その中でも定番の質問を並べておきます。

  • 志望理由
  • 中学でがんばったこと
  • 高校でがんばりたいこと
  • 長所・短所
  • 気になったニュース
  • 将来の夢/目標
  • 自己PR

などがよくある質問です。

必ず聞かれるわけではありませんが、準備しておきましょう。

面接についてのよくあるお悩み

志望理由がありません。

無い人いないです。笑

あるんだけど、どう言葉にして良いかわらない。もしくは「こんなことを言うべき」というイメージにとらわれすぎているんだと思います。

自分がその高校を選んだエピソードや流れを思い出してください。

そこから組み立てていけるはずです。

高校の特徴や進学状況などとあわせて作ることができればいいでしょう。

回答例

子どもの頃から自宅の近くのA高校の先輩方が歩いているのをよく見かけていました。また姉が通っていたこともあって、進路のフォローが手厚いことを知り、進学を希望しました。進学に向けて勉強をしっかりできるようにしたいと思います。

長所がありません。

無い人いないです。笑

あるんだけど、どう言葉にして良いかわらない。もしくは「こんなことを言うべき」というイメージにとらわれすぎているんだと思います。

特に「実績を言わなければならない」と思っている人がいます。

この質問の意図は「人より優れている面」ではありません。(もちろん、それがあればそれを言えばよいです)

それよりも「自分は自分のことをこんな良いトコがあると思っています」のように、自分のことを語る力があるかを見ています。

自分なりに考えたよいところを、体験や経験という過去に結びつけて答えられるとよいでしょう。

回答例

子どもの頃から自宅の近くのA高校の先輩方が歩いているのをよく見かけていました。また姉が通っていたこともあって進路のフォローが手厚いことを知り、進学を希望しました。進学に向けて勉強をしっかりできるようにしたいと思います。

こう言ったら、思われませんか?

けっこう多い悩みです。

「部活をがんばりたいと言ったら、勉強はどうするの?って思われませんか?」

「進学したいって言ったら、この成績で?と思われませんか?」

「リーダーシップがあるって言ったら、キャプテンやってないのに?って思われませんか?」

などなど…

はっきり言って、思われません!そんな返しも来ません!

高校入試の面接というのは、そんなに悪意的なものではありません。

相手の反応を気にしすぎず、素直に表現するようにしてください。その方が魅力的だと思います。

ちょっとしたコツ

まず準備をしましょう

高校入試というのは、抜き打ち試験ではありません。日時も事前に知らされているし、面接があることも知らされています。

ある程度「準備」していくのが一般的です。「準備していない」というのは、マイナスです。

当たり前ですが、基本的な質問への回答は準備しておきましょう。

また対人練習だけでなく、ひとり面接練習もくり返しましょう。

過去・いま・未来をむすべると良い

「これまで・いま・これから」を結んで話せるとよいと思います。それぞれの点で話すのでなく、つなげて線で話すイメージです。

すべての質問や内容をこれで答える必要はありませんが、むすんで話せるとよいと思います。

先ほどあげた例もそのように書いていますので、チェックしてみてください。

回答例

僕はサッカー部に所属していました。3年間補欠でしたが、練習の準備や声がけなどをがんばってきました。僕の長所は気配りのできることだと思います。高校でも気配りの心を持ってがんばりたいと思います。

むすぶためにエピソードを探してみましょう

じぶんの経験をエピソードとして話せるように探してみましょう。

相手にも伝わりやすくなりますし、ふり返ることでもっと自分のことがわかってきます。

面接というのは準備する中で自分をふり返ることが増えていきます。それこそが面接練習の本当にいいところです。

いろんな経験を思い出して、そこから「じぶんの顔」をたくさん見つけてください。自信がもてると思いますよ。

本日はここまで。まだ試験までは数日あります。短い時間ですが、悔いのない準備をしていってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる