まんが『日本の歴史』を買ってみた( ´∀`)

今日のベンガル

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

春休みのゆったりした時間にできる学びとして歴史まんがを買ってみました。

今回ご用意したのは、角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』です。

元ベンガル
元ベンガル

昔のものより、かわいくなった⁈

ベンガル
ベンガル

そうガル!

表紙の作画がそれぞれ違う

ぼくも小学生の頃、学校の図書館で借りて読みました。たしか小学館のシリーズで楽しく読めた覚えがあります。

そこから時を重ね、歴史まんがは進化しています。

いくつもの出版社が使い道や対象を分けながら販売しているんです。

とのこと

昔ながらのものはかなり硬派なもので、ちょっとした教科書レベルの知識が載っています。

今回は「歴史が苦手」「歴史の勉強のはじめの一歩」を軸に選んでみました。

(うるま市の本屋さんに全ての種類がそろっているわけではないので、いくつかのまとめサイトを参考にしました)

本棚に入らないじゃないか!

教科書や塾ワークだと流れが見えないという生徒もいます。

ストーリーが見えていないと丸暗記になってしまい、興味のわきようがないこともε-(´∀`; )

学校の授業を受ける前に漫画で流れを押さえておくと勉強もはかどることでしょう。

まずは生徒に手にとってもらって実際の声を拾っていきたいと思います。

置き場所が決まらず、ここに。

しかもこのシリーズソフトカバーなんです!圧倒的に持ちやすく、読みやすい!

身近に感じてもらうための工夫ですね。

ちなみにAmazonプライムではアニメで「日本の歴史」が観られるようです。

自宅で契約してれば、それを通しで見てみるのも良いかもしれませんよ( ´∀`)

それでは本日はここまで。お読みいただきありがとうございました。

公式LINEのご登録はこちらから!

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

登録しただけでは誰かわからない仕様です。ご興味ある方は安心してご登録ください♪

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました