高校入試の記事はコチラから!

与勝高校の進学実績まとめ(2022年版)

この記事では、うるま市にある与勝高校について過去7年分の進学実績をまとめています。

与勝高校は与勝緑が丘中(県立中高一貫)の内部進学先としても知られています。

中学受験を控える方にも高校入試に備える方にもお役に立てる記事になっています(´∀`)

目次

与勝高校の進学実績まとめ(2022年版)

与勝高校はホームページに資料がしっかり揃っていてすごく助かります。細かくページも分かれているので、いろいろ知ることができます。

この記事を書いている2022年8月時点で2023年度入学者用パンフレットをホームページに置いてくれています。これは他の学校には見られないことです

ご存知の通り与勝高校は「県立与勝緑が丘中」の内部進学先となります。その点も考慮しながら読んでみてください。

2021年度(2022年3月卒業生)

国公立大:25名

私立大・短大:37名

専門学校:53名

就職:7名

2020年度(2021年3月卒業生)

国公立大:39名(過去最高)

私立大・短大:39名

専門学校:46名

就職:7名

与勝高校パンフレットより

2020年度の進路決定情報はウェブサイト上に公開されていません。パンフレットで確認しています。

2019年度 (2020年3月卒業生)

国公立大:26名

私立大・短大:33名

専門学校:62名

就職:10名

与勝高校の進学実績(2019)

2018年度(2019年3月卒業生)

国公立大:32名 33名

(下のパンフレットでは32名ですが、後のパンフレットで33名になっています。)

私立大・短大:50名

専門学校:34名

就職:17名

与勝高校の進学実績(2018)
2018年度卒業生の進学状況(国公立大)

2017年度(2018年3月卒業生)

国公立大:36名

私立大・短大:47名

専門学校:29名

就職:19名

与勝高校の進学実績(2017)
2017年度卒業生の進学状況(国公立大)

2016年度(2017年3月卒業生)

国公立大:35名

私立大・短大:30名

専門学校:50名

就職:8名

与勝高校の進学実績(2016)
2016年度卒業生の進学状況(国公立大)

2015年度 (2016年3月卒業生)

国公立大:14名

私立大・短大:29名

専門学校:53名

就職:18名

2015年度卒業生の進学状況(国公立大)

与勝高校の進学実績のまとめ

与勝高校の国公立大学進学者の推移グラフ

ジグザグになっていて言い切ることはできませんが、若干の減少傾向にあると言えます。

(基準をどの年度に置くかによると思います)

与勝高校は近隣の具志川高校や前原高校よりも生徒数が少ないため、年度ごとの在籍生の学力に左右されます。あくまでも参考程度にお考えください。

公開されている資料をもとにベンガルにて作成

国公立大の合格者割合は16.3%ほど

2021年度の卒業生では国公立大の合格者が約16.3%ほどになっています。

「国公立大合格25名÷卒業生153名×100」にて計算。卒業者数は学校要覧にて確認。

2021年度は琉球大学医学部医学科への推薦合格も出ています。うるま市内では唯一の結果です。

進学者の割合は90%前後

2022年度学校要覧によれば、就職者数は9となっています。

9名(約5%)が就職していると考えると、その他の生徒たちはおおむね進学していると考えられます。

進学者は約90%と考えてよいと思います。

特進クラスに入るとレベルの高い環境に⁈

与勝緑が丘中学校の進学先ではありますが、卒業生全員が特進クラスに上がるわけではないと聞いています。

テストで普通クラスと特進クラスのクラス分けを行うそうです。

これは一般入試の生徒にとってチャンスともいえます。

成績上位者として入学できれば、同じように特進クラスで学べるわけですから。そのことも踏まえてご検討くださいませ。

今回は与勝高校の進路決定率についてまとめてみました。ウェブサイトもかなり充実しているので、いろんなことが知れる高校になっています。ぜひのぞいてみてくださいね。

進学実績のまとめページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる