高校入試の記事はコチラから!

自己採点シートでふり返り(´∀`)

今回のおきなわ県模試では「自己採点シート」を配布し、自己採点結果を記入してもらいました。

高校入試では答案用紙が回収され採点されます。しかし、その答案用紙が返却されることはありません。

つまり、自分の点数がわからないのです。

だから自己採点をします。

答案用紙に書いた答えを問題用紙に記入しておき、公開された正答例を基に自分で採点し得点を集計。それでやっと自分の得点を知ることができるわけです。

しかし、ここで問題が発生します。

自己採点と本当の点数が大きくズレることがあるんです!というかほとんどの生徒がズレるんです。

また、答案を写し忘れる生徒も必ずいます。

実は自己採点のために「答案を写し控えておく」というのは、学校ではほとんど経験しません。

多くの受験生にとってはじめての経験と言えます。集中して解けば解くほど、写し忘れが生まれるものです。

自己採点には慣れが必要ということです。

むしろ「書こうと思っていたのに、忘れちゃう自分」に気付いてからが受験生と言えます。

8月の模試から練習を始めているのはミスがどうしてもあるから。

声がけをしてもなかなか減るものではありません。ならば安全なうちに転んでもらうことも良いんじゃないかと思っています。

何度かミスを繰り返して成長していきなさい!(´∀`)

自己採点とあわせて作った「良かったところ」「良くしたところ」「コメント」の欄に「答えを写しておくことを忘れた」旨の記述がありました。

忘れたって良いんです。ただし意識的になってくださいね。なんとなく「ま、いっか〜」は許しませんよ。そのためのふり返りですからね。

今週中には採点結果を返却しますよ。答え合わせを期待していてください(´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる