高校入試の記事はコチラから!

高江洲中|入会後初テストで74点UP!400点台へ!

中3生からの成績アップには頭が下がります。

これまでの積み重ねに影響される部分が多く、点数アップに時間がかかることも多いから。

3月からの入会で74点アップして目標の400点台に乗せたスーパーガールを紹介します。

休み時間に「勉強してる風」を演じてくれた高江洲中3年生
成績アップの猛虎伝 高江洲中3年(2022.1期末)

苦手だった数学の成績が上がってたり、勉強時間が40時間を越えたりして、達成感があった。
国語の作文の問題が時間が足りなくて解ききれなくて悔しかった。次からは、作文に力を入れて勉強したい。

点数アップおめでとうございます!

口数少なくとも自分らしさを持っている彼女。弱音を吐くことなくやり遂げてくれました。

寡黙な子って強いんですよ。人一倍がんばっていたりします。

淡々としているところも強み。ペースを崩すことなく突き進むことが可能ですから。書道というメンタルスポーツにも助けられている感じがします。

入会前の面談では受験の対策に悩んでいたようですが、苦手の?数学でも90点近くをマークしてくれて非常にいい感じ。

それでも苦手意識ってあるものなので、これからも数学との格闘は続きます。
(苦手というのは個人の感じ方であって、まわりの人が点数を見てどうこう言えるものではない!これが難しいところ!)

彼女を見ていて感じるのは正確さ。しかも細かいところまで。

計算式をきれいに書けたりする。文章が丁寧だったりする。

猛虎伝の直筆を見ればわかるように、一マス空けて書いたりできる子なんです。僕はできませんよ?笑

そういうところがミスの少なさにつながって積み重ねの成果が出やすくなります。
(気のせいかもしれませんが、彼女は「符号ミス」も少ないです)

「神は細部に宿る」という言葉があります。

細かい部分の緻密さが全体のレベルアップへつながるという意味の言葉です。一文字一文字を、数式の一行一行を丁寧に積み重ねていくこと。細部の確かさが高みへの階段になります。ここからもっと自立心が必要となります。

点数アップには成長が必要です。そこには精神的な成熟もかくされています。

これからもしっかり頑張ってほしいと思います(´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる