高校入試の記事はコチラから!

Google予約スケジュールのメリット・デメリット

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

先日より進路面談を実施していて、Googleカレンダーの予約機能をつかっています(´∀`)

この記事ではGoogleカレンダーの予約機能のほどをレビューしたいと思います。

この記事でわかること
  • Google予約スケジュールの長所
  • Google予約スケジュールの短所
  • Google予約スケジュールがおすすめな人
実際に使ってみたガル!
目次

Google予約スケジュールとは?

Google予約スケジュールとは、Googleカレンダー上で予約枠を作り、そこに予約をいれていくことのできる機能のことです。

登録すればGoogleカレンダーのスケジュール作成画面内の右側に出てきます。

作成した予約スケジュールのリンクをメールなどで送ることで予約が可能になります。

Googleカレンダーの予約スケジュールのメリット

予約枠のセミオート設定が楽

まず予約枠が設定できます。面談時間の単位が選べます。

  • 15分
  • 30分
  • 45分
  • 1時間
  • 1.5時間
  • 2時間

から選べ、設定した時間で予約枠を自動作成してくれます。

予約スケジュールにて15分枠で9時〜17時で設定した図
15分枠で9時〜17時で設定した図

くりかえし機能で永遠に予約を受け付けられる

「毎週繰り返す」設定があるので、作った予約枠を無限に繰り返すことが可能です。

細かく設定して「毎週繰り返す」にすれば、一発設定が可能です。

予約受付期間も設定できるので「7日前から6時間前まで」のように予約を受け付けることが可能です。

予約画面がシンプルでわかりやすい

予約画面がシンプルでわかりやすく、空き時間しか表示されないため選びやすいです。

このあたりのシンプルさはさすがGoogle様という感じです(´∀`)

Google予約スケジュールの予約画面
パソコンでの使用画面。スマホでも似たような感じです。

リマインダーメールの自動送信

実際の予約画面を開くと「名前」と「メールアドレス」を打ち込む枠がでてきます。

Google予約スケジュールの予約画面
実際の使用画面

ここに記入してもらったメールアドレスにリマインダーメールが自動で送信されます。(24時間前)

自分宛にはメールは来ませんが、Googleカレンダーの通知が表示されます。

Googleカレンダーと連動で二重予約防止がより万全に

一つの枠に予約が入ると、その予約枠は他の人には表示されなくなります。

これは予約スケジュールでの機能です。

実験してみましたが、すぐ非表示になるので二重予約防止になっています。

またGoogleカレンダーと連動しているので、カレンダー上で予定をいれれば予約枠は非表示になります。

この場合だと17時〜18時だけが非表示になる

予約以外での予定も連動して消えるのは助かります。Googleカレンダーを使っている人には便利だと思います。

Googleカレンダーの予約機能のデメリット

予約枠の微調整がむずかしい

今のところ「毎週繰り返す」か「繰り返さない」かの設定しかありません。(2021年12月現在)

「今週金曜はOKだけど、来週金曜は無理」などの場合に困ります…ε-(´∀`; )

使っているタイミングが「年末年始」なのですが、元旦にも予約枠が表示されてしまいました。

「年末年始はOFF」という微調整がむずかしく、別で予約枠を作り直すしかありません。

一応、上述したように年末年始の部分に「休み」というスケジュールをGoogleカレンダーで作ることで予約枠の非表示はできました。でも、「休み」というスケジュールを作るって変ですよね…。

Googleカレンダーで予約スケジュールを消す方法
予定が重なっている部分は予約枠が非表示に

予約枠を15分ずらすなどの調整やメールアドレスなどの情報収集の調整もできません。

ただのGoogleアカウントではできません

いわゆる「ふつうのGoogleアカウント」を使ったGoogleカレンダーでは作れません。

学校用か職場で付与されるGoogleカレンダーなら可能らしいのですが、ベンガルのふつうのアカウントでは無理でした。

別途Google Workspaceというサービスのアカウントを別途作る必要があります(月額900円)

文字化けする場合があります(致命的)

個人でテストした時には文字化けしませんでしたが、その後文字化けするという連絡がありました。

先ほどやってみると、たしかに文字化けします(iPhone使用)

Google予約スケジュールでのiPhone文字化け
「テスト」と打ちたいだけなのに…

これは致命的でした…ε-(´∀`; )

パソコンなら文字化けなし。Androidはわかりません。

ひとつの予約枠に1件のみ受付

予約枠1つにつき1件しかいれられません。

ひとりで予約対応を行う場合には二重予約防止としてメリットとなります。

しかし複数人で面談や予約対応が可能な場合は同じ時間帯での複数の予約受付はできません。

2つ予約枠を作ればカバーできますが、招待リンクを2つ送ることになり予約する方が面倒くさくなります。

Googleカレンダーの予約機能のまとめ

メリット・デメリットのまとめ

以下にまとめてみます(´∀`)

メリット
デメリット
  • 予約枠の設定が楽
  • くりかえし機能で一発設定可能
  • リマインダーメールの自動送信
  • 二重予約の防止ができる
  • 予約枠の微調整がむずかしい
  • Google workplaceアカウントが必要(月額900円)
  • 予約フォームが文字化けする場合あり
  • 予約枠は一つのみ(複数予約不可)

こんな人に向いているってのも残しておきましょう(´∀`)

Google予約スケジュールが向いている人!
  • スケジュールがある程度決まっている人
  • Googleカレンダーにスケジュールを集約している人
  • ひとりで予約対応をしている(1枠1予約)
  • 普段Google Meetを使っている人(そのままGoogle Meetをはじめる機能有)
Googleカレンダー使っているのは必須だと思うガル!

以上です!おわかりいただければ幸いです(´∀`)

ベンガルはGoogleカレンダーにすべて予定をいれているので、使いやすそうなのですが、文字化けしているので今のところ保留中です…ε-(´∀`; )

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる