高校入試の記事はコチラから!

【テスト前猛烈学習会】勉強の進め方を押さえておくガル

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

今日も具志川中対象のテスト前猛烈学習会を実施しました(´∀`)

期末テストということもあり40時間以上の勉強を予定し、ベンガルのコマ数としてはテスト最終日までに50時間をこえる予定となっています。

しかし時間をこなすだけではいけません。しっかり実にならなければいけません。

そこでもう一度勉強の流れを確認しておきたいと思います。

目次

テスト前猛烈学習会の流れ

STEP
塾テキストの解きなおし

授業で使用しているテキストの解きなおしからスタート。

やってほしい部分は事前にノートに解いているのでテキストは真っ白な状態です。一人ひとりの力に応じて細かな指示が出ることもあります。

英単語は毎日やってください。

STEP
テスト対策教材「Keyテスト」を解く

一人一冊のテスト対策用の教材があるのでそちらに進みましょう。A問題、B問題がありますが、まずはA問題を完璧にするようにしてください。B問題はすべて終えてからでもOKです。

STEP
学校ワークを解く

学校で使っている教科書準拠のワーク等を解いていきます。テスト対策です。

もっとも大切な教材ですここまでうまく進められていれば十分に解けるようになっているはず。できていない部分は何度もやり直してできるようにします。

いくつかの注意点

塾テキストはテンポよく!

まずは全体像をつかむのが大切です。

ポイントがしぼられたページを選んでいるので効果的に全体像をつかむことができます。なるべくテンポよく進めるようにしましょう。

どういう問題があったかどういうところが難しかったか。授業で習ったページのおさらいなので取り組みやすいと思います。

Keyテストは本番の気持ちで!

小テストの形式で作られているKeyテストは本番さながらに点数をつけることができます。

ここで取れている点数がテストの点数だと考えて本番のつもりで解きましょう。

間違えた問題にはチェックをつけてくり返し解く。できるまでくり返してください。良いペースで進めばほとんど穴はなくなります。

塾テキストの段階よりもじっくり取り組むように意識してください。

学校ワークで完璧に!

学校教材が一番大切です。これに十分な状態でのぞむために上記2つをこなしてきたと言えます。

出題されやすいこともありますが、学校の先生が作ってくれたプリントなど手のかけられたものも多くあります。

作る側の人間として言えるのは教材を作るのは大変な作業です。勉強の栄養素も高いものが多いのでしっかり学んでテストにのぞみましょう。

残り時間も限られ、塾テキスト、Keyテストが進んでいない場合には学校ワークにワープして解いてもらうこともあります。

以上となります。

テンポの部分はすごく大切です。まずは全体像をつかむように進めていきましょう。

この日までにKeyテストを終えるという風に具体的な期限を決めることもあります。はやめはやめに取り組んでいきましょう。

昔の自分をこえられる戦いにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる