【ベンガルについて 】塾名の由来と思い

ベンガルについて

こんにちは!うるま市の中学生の成績アップに燃える学習塾ベンガルです!

この前は塾のネーミングについて一般的なお話を書きました。(ぼく自身だいぶ偏った人間だということはお断りしておきます)


その時の記事はこちら↓

今日は学習塾ベンガル名前について書きたいと思います。

由来は?込められた意味は?その他の候補は?

色々気になってると思います。え?気になってないって。ぜひ気になって頂きたい!

学習塾ベンガルの名前の由来

まずは名前の由来について。

きっかけは、あいみょん『夢追いベンガル 』

あいみょん『夢追いベンガル 』

あいみょんはご存じでしょうか?『マリーゴールド』『君はロックなんか聴かない』『愛を伝えたいだとか』などで有名な若者に大人気のシンガーソングライターです。

その曲の中に『夢追いベンガル』という曲があります。

あいみょん – 夢追いベンガル【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

独立して学習塾開業しよっかな、名前どうしよっかなと考えていた時にこの曲を聴いて着想したのがきっかけです。車の中で聴いてて「あ、これだ!」と思ったんです。ビビビッと来ました。全身を電流が走るような、脳天に雷が落ちたようなと言えば大げさでしょうか。まぁとにかく完全に赤い実がはじけました。

歌詞がアツい…

当時の僕は、どう考えてもその会社にいてアツいメンバーの中で働いていた方が将来的にも収入的にも良いわけです。せっかくゼロから作ってきた教室を離れるのも寂しいものでした。「馬鹿だなぁ」という思いを持ちながらも、独立開業の夢を捨てることが出来ませんでした

『夢追いベンガル』にこんな部分があります


ああ 史上最強の馬鹿になった気分だ
なんとでも言って笑ってくれてもいい
そうだ そうやって 燃やしてくれ

欲しかったアレはもういらない
丸焦げになれカモメ
ベンガルを味方にいざ行こう
気力は無駄にあるぜ


走る走る 遠くの方へこの脚振り上げて
回る回る 目が回るくらい この日々駆け抜けて
明日になって 朝が来た時
見えるものはなんだろう


そうか、ベンガルを味方に行けばいいのか。目が回るくらい忙しい独立開業の日々を駆け抜けて見えるものは、本当に何なんだろうな。笑われてもそれをエネルギーに変えていけばいいんだなと考えたりしたものです。今思えば、悩みすぎてたんちゃう?www

ベンガルトラとベンガル猫

とはいえ、この曲で言う所の「ベンガル」が何を指すのかがわかりません。少なくとも僕の知ってる範囲では、ベンガルトラとベンガル猫の2種がいるのはわかる。でもどちらなのか…。それは今でもわかっていませんが、虎でも猫でもいいと思っています。その辺は下で書きます。

しかもガジュマルも「ベンガル菩提樹」という名前である事がわかりました。(ガジュマルについては下記参照)

トラという言葉の広がり

虎って色々な言葉がありますよね。

  • 虎の子(とても大切なもの)
  • 虎の巻(秘伝を記した書)
  • 虎穴に入らずんば虎子を得ず(危険を冒さないと大きな成果は得られない)
  • 虎は千里行って千里帰る(勢いのあるようす。親の子を想う気持ちの強さ)
  • 虎視眈々(チャンスを油断なく伺っているようす)
  • 張子の虎(外見だけで中身がない)

いろいろなイメージを持たせやすい点で気に入りました。

その他のファイナリスト

て言っても即決できるものでもなく、優柔不断で決断力マイナス36万の僕は、いろいろと候補を集めて考えました。最終選考まで残ったファイナリストをいくつか紹介しておきます。

ジェニファー

これも、あいみょんです。結構今でも気に入ってますけど、クセありすぎて却下 笑。意味も込められないし。

シマウマ

この前まで勤めていた先の方に提案されたもの。動物の名前にしようと思ってると話したら、草食動物のイメージだからシマウマとかキリンとかがいいんじゃない?と言われました。有力候補でしたが、意味が込められず断念。

ガジュマル

沖縄らしい候補です。これは昔勤めていた所のお師匠さんから頂きました。今は大阪で学校の先生をしていますが、「もう沖縄で塾をやる予定がなくなっちゃったから、あげるよ」と言われた名前です。子供が集い、どっしりと根をおろしながら見守り、育んでいく場

ベイダー、ルーク、レイア、レイ

スターウォーズ 好きなんでこの辺も粘り強く考えました。色々キャラクターがいるので横にも縦にも広がりを作れる点に魅力を感じていました。でも映画のキャラが立ちすぎてて意味が込められず落選しました。学習塾ベイダーだったら「とにかく一番になって世界を支配したい塾」ってイメージになるでしょう?映画から来るイメージを拭うのに50年ぐらいかかりそうです。

cocoon(コクーン)

繭(まゆ)という意味の英単語です。子ども達を守り育てる場所にふさわしい名前です。これは結構昔から考えてたんですが、却下。理由はただ一つ、普通の人が読めなさそうだから。読めないのは痛いです。覚えてもらえないし。一歩間違えればコカーンです。卑猥な塾になるのでやめました。

pupa(ピューパ)

英語でさなぎです。変身というテーマにぴったりでしたが、これも読めないので却下。

ベンガルに込めた意味

変身の場として

ぼくは子どもの成長は変身そのものだと思っています。人が変わっちゃう、生き方が変わっちゃう、考え方が変わっちゃう。親としてわが子を見ていてもそんな瞬間が幾度かありました。その時の嬉しい気持ち、子どもを一人の人間としてリスペクトする瞬間。その姿を見ていると僕の小ささを感じてしまいます。「歩み」を超えた「飛躍」こそ、ぼくの目指す成長=変身です。まだまだかわいくて弱い子猫のような生徒たち。それが勉強を通してたくましい虎へと変わっていく。かわいいベンガル猫からどう猛なベンガルトラへと大変身する。そんな物語を紡ぐ舞台を作りたいと思っています。

子どもが集い、互いを認める場として

子どもを温かく見守り、どっしりと構える講師。そんな人間になりたいと思っています。その意味でガジュマルのような生命力と存在感、安心感は僕にとって心惹かれるものでした。どっしりと構えながら、温かく見守り続けたい。そう考え、このガジュマルのような存在、場という意味もベンガルに込めました。何を隠そうガジュマルは「ベンガル菩提樹」という名前なのです。これを知った時もうベンガル以外にはありえないと感じました。

ベンキョウ頑張る場として

ベンガルはどことなく「ガンバル」を連想させる語です。変身のきっかけはいろいろありますが、学習塾で提供できるものはやはり勉強です。まずは「ベンキョウ頑張る」の意味を込めてベンガルに決めました

さて今日はベンガルの名前の由来を中心に書きました。名前に込めた意味を書くことで改めて塾づくり、変身のための舞台づくりにワクワクしています。今後とも学習塾ベンガルをよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました