【勉強法】お家でできる!テスト勉強の始め方〜目標設定編〜

おすすめすぎる勉強法

こんにちは!うるま市で一番コミュニケーションの取りやすい塾をめざす学習塾ベンガルです!

さて高江洲中のテストまで残り2週間となりました。

「お家できる!テスト勉強の始め方」シリーズとしまして、本日は大切な「目標設定」について書いておきます。

スポンサーリンク

テスト勉強の始め方〜目標を決める〜

目標を決める意味

目標を決めなくても勉強は始められます。

元ベンガル
元ベンガル

じゃあ目標を決めなくてもいいのか?

ベンガルマン
ベンガルマン

決めた方が絶対に良い!

目標設定にはいろんな効果があります。

目標を決めないで勉強をはじめるなんてもったいなさすぎます。

初速が速くなる

まず勉強のとっかかりが速くなります。

スタート前からゴール地点をイメージしているからです。

ベンガルマン
ベンガルマン

スタートしてから地図を広げてゴールを探してたら、遅くなってしまいます。

スタート前にゴール(目標)を決めておくことが大切です。

やる気がでる

目標を決め、たえず確認することでやる気がでてきます。

やる気がでれば、あっという間に走りきることができます。

「頑張り方」がわかる

目標を決めると「どの教科でどれぐらいがんばるか」が決まってきます。

ベンガルマン
ベンガルマン

好きな教科だけやったり、嫌いな科目をさけたりしては達成できないからからです

自然と「バランスよく」勉強することに繋がってきます。

目標を立てることで、どこをどう勉強してどう達成していくのかのイメージが作られていきます。

「ふり返り」が正しくできる

目標という座標があるからこそ、後でふり返った時に正しく「評価」できます。

「30時間勉強するって言ったのに、20時間しかやってなかった。点数は380点だった」という場合も、「勉強量が足りなかった」とふり返りができます。

これも最初に目標を決めておくからこそ、効果的なふり返りができるのです。

目標の決め方

2つの目標を立てる

目標設定にあたっては2つの数字を決めましょう。

点数などの目標(ゴール)

やることの目標(スモールゴール)

の2つを決めましょう。たとえば

目標点:430点!

やること:10日間で30時間勉強する!

などのように決めるとよいと思います。

ベンガルマン
ベンガルマン

教科別に勉強時間を設定するのもGOOD

目標には「絶対達成するぞ」という気合も必要です。その意味で「これなら楽に達成できるな」というものはあまり意味がありません。絶対に達成するぞという意気込みで「頑張る」ということが大切です。特に「スモールゴール(30時間勉強する)」のところは絶対に達成するべきです!

目標は「じぶんで決める」

他人の目を気にしたり、人の意見をそのまま目標にする子がたまにいますが、ほとんどの場合、達成できません。

「やらされ感」が出て「やる気」が出ないからです。

じぶんで数字を決めて責任をもって、達成してください。

達成できなくても、責める筋合いのものでもありません。目標を立てるのは「やることを整理して、スピードアップして、やる気を保つ」ためのものです。それができていればOKです。特にスモールゴールの部分が達成できていれば、「いい感じにがんばれた」と考えましょう。次に活かせばよいのです。

「目につくところ」に貼る

目標を立てても数日で忘れてしまうのが人間の悲しい性。

せっかくなのでみんなが見えるところに貼っておきましょう。なるべく毎日見えるところがいいですね。

ベンガルマン
ベンガルマン

迷ったら、テレビ画面にデーンと貼っちゃいましょう。嫌でも目につきますw

「家族みんな」が見えるところに貼っておくと「協力関係」が作りやすくなります。毎日みることで、意識し続けることができます。

やはり「じぶん以外の人が、じぶんの成績を気にかけてる環境」「目標をいつも意識している状況」が成績を伸ばします。「貼ること」で目標達成への責任感もでてきます。

まとめ

  • 目標を決めると勉強がスムーズになる
  • 勉強する前に「目標設定」から
  • 2つの数字を決める
  • 目標は「じぶんで決める」
  • 「目につくところ」に貼る

本日はここまで。学習塾ベンガルでも「目標設定ミーティング」を実施していきますので、保護者、生徒の皆さまも楽しみにお待ちください。

追記

こちらの記事に『シート』もありますのでご利用ください。

【シート付】テスト前の『目標設定ミーティング』実施

タイトルとURLをコピーしました