高校入試の記事はコチラから!

【小学生クラス】芥川龍之介『トロッコ』を読んでます

こんにちは!うるま市で一番コミュニケーションのとりやすい塾をめざす学習塾ベンガルです!

昨日の小学生クラスは読書クラブ(仮)の時間に、芥川龍之介『トロッコ』を読みました。(アイキャッチ画像は、その前に算数にはげむ小学生クラス)

芥川の短編小説は読みやすいのでおすすめです!

今回は初めての名作にふれる時間ということで、青空文庫を利用。

著作権の切れた「名作」がフリーで公開されているサイトです。タブレットやスマホがあればどこでも読めるという、すごいサイトです。ぜひのぞいてみてください( ´∀`)

青空文庫 ウェブサイト

ワードに貼るのは案外大変だった

青空文庫からコピーしてワードに貼って体裁を整えて完成。

語彙は、小学生には難しい部分もあるかと思います。

元ベンガル

中1の教科書に載ってたりもするな!

でも、感じる心は小学生にぴったり。

主人公の良平と年齢が遠いことから大人の方が読み流してしまうかもしれません。

今回は

  • !:驚き
  • ?:疑問
  • ◎:共感

などの記号を使って、じぶんの感情を書き込みながら読んでいきました。

読書感想文を書くことへつなげる予定で、そのためのネタ集め。ただ本を読むよりも、自分の心にも目配りしながら読むと、あとでふり返りやすいんです。

来週は「この表現がおもしろい」って部分にも目を配りながら、2回目の読みに入っていきたいと思います。

ぼくは大学生の頃にはじめてトロッコを読んで感動しました。

小学生にはどう映るのか、とても楽しみです。

それでは今日はここまで。来週の報告をお楽しみに( ´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる