【文房具】手の平サイズ!『テプラ Lite』(キングジム)

文房具

こんにちは!うるま市で開校した学習塾ベンガルです!

今日は久しぶりの【文房具】のコーナーです。

買ってしまいました。買ってしまったのです。

可愛いテプラを!

元ベンガル
元ベンガル

わ〜お!

テンションが上がりきってる間にさっそくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

手の平サイズ!『テプラ Lite』(キングジム)

タップでAmazonへ

まずは開封

アマゾンから届いた図。

中にテプラが入っているとは思ぬほどの大きさ。期待の大きさとも受け取れます。
元ベンガル
元ベンガル

これは撮らなくてもいいだろw

開けてみると、ビニールでぐるぐるにされたテプラが!

密閉されたテプラ。テプラのフレッシュな空気まで梱包されてる気がしてきます。
ベンガルマン
ベンガルマン

かわいそうに!

元ベンガル
元ベンガル

いや、そんなモンだろw

苦しそうだったので即救出。もう少しで窒息してしまうところでした。

外の箱の図。

外気に触れたテプラ(の箱)心なしか笑っているようにも見える。
元ベンガル
元ベンガル

いや、この写真もいらんてw

開けてみますと、こんな感じ。

シンプルに可愛い。清少納言が生きていたらきっと「うつくしきもの」で取り上げていたであろう。

今回はブルーを買いました。他にホワイトもあります。

側面からリボンを入れる感じです。

開けてみるとかわいらしさの中に潜む精密さがあることがわかる。まるで幼少時の芦田愛菜のようだ。

反対の側面は電池を入れる感じ。

特にこの部分へのコメントは思いつかなかった。

そう、このテプラは電池駆動なんです。

ベンガルマン
ベンガルマン

てことは持ち運びに便利じゃん!

これならどこにでも持ち運べますし、コンパクトなので置き場所にも困りません。

テプラを持ち運ぶ中年男性がどれくらいいるのか。テプラを持ち運ばなければならないシーンがどれぐらいあるのか。そういった疑念は無用です。

モビリティが重視される現代社会において「持ち運べる」ことは善であり、正義であり、調和なのです。

上部についたボタンでガッチャンとテープを切る感じになってます。

意外とテープを切るのは繊細な作業で、「押さえ」がきて「カッター」がくるという感じの丁寧な奥ゆかしさを感じる切り心地。

使ってみた。

この商品の目玉は、やっぱりスマホのアプリから印刷できるということでしょう。

つまり、電池駆動で気軽に持ち歩け、かつアプリからスマートに印刷できる。

至るところでシールを作り、至るところにシールを貼ることもできる訳です。まさに現代をサバイブするメンズにイチ押しのアイテム。

ヘンゼルとグレーテルもこのテプラさえ持っていれば、帰り道を見失うことはなかったでしょう。

今回は塾用ケータイとして使ってるiPhone SEの番号を貼り替えてみます。

番号が覚えられないので書いて貼っている。実はこれはこれで気に入っている。

まずはアプリをダウンロードしてさっそく作ってみる。

5分でできた。

少しばかりガクガクな感じも否めませんが、良いのです。手の平サイズにそこまで求めるのは酷というものでしょう。

アプリ内にはいろんなテンプレートがあってデザイン自体はものの5分あればできちゃいます。逆にテンプレートに迷って時間がかかるかもしれません。

貼ってみようとはがしてみると…おお!

半分ずつはがれるようになっていて位置決めに便利。湿布と同じ感じ。

これで位置決めに困ることなし!

ベンガルマン
ベンガルマン

テプラって優しいね…。゚(゚´ω`゚)゚。

テープ自体はかなりもろそうな感じで、耐久性には疑念が残ります。

テンプレを使って2行になったので、住所もいれておいた。
元ベンガル
元ベンガル

いや、中心とれてないやん!

フェルメ
フェルメ

ずれとるやん

自分でも驚いていますが、どうやら左右で余白が異なるようです…笑

ハサミでカットするのが良いかと思います。(それじゃ面倒な感じもするんですが…)

ちなみに棚に置いてみるとこう。

自然とそこにいる感じが半端ない。どこにおいても邪魔にならない。まるでロバートの馬場くんのようだ。

まとめ

1番のメリットは「取り出す手間」のなさでしょう。本体自体がかわいいので、どこに置いてもそれっぽい感じです。

意外と専用ケースから取り出して、ACアダプタつないで…ってやるの面倒ですからね。片付けに幅もとるし。

ただ『Lite』というネームの通り、細かい調整や耐久性の方は弱い感じがします

それを見越して買う商品といえましょう。

  • 小さくてかわいい!収納しやすい!
  • アプリにテンプレいっぱいで手間いらず!何より収納→作成の面倒くささがなくてよい!
  • 余白の調整ができず、ハサミで切る必要あり?
  • テープが脆そうなので劣化に注意!
タップでAmazonへ

てなわけで本日は【文房具】ネタをお送りしました。最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました