高校入試の記事はコチラから!

【雑記】「なんにだって、なってやれ」とかいう広告

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

さて今日は塾とは関係ない話をば。

「なんにだって、なってやれ」とかいう広告に惹きつけられ、いろいろ調べてしまいました。

きっかけは、インスタに流れてくる広告が素敵だったことでした

「パンチ」が効いてます
なるほど、伝わります。
想像しただけでちんさぶ

語らずして読ませる。画像一枚一枚の説得力がすごいです( ´∀`)

これはいわゆる「VR(仮想現実)」のヘッドギア(&ゲーム)商品みたいです。

動画版も見つけてしまいました。

なぜか感動すらしてしまった。

シルバーヘアーの女性がボクシングしてるとことか、車椅子の人が戦場で戦ってるとことか。子どもの宇宙遊泳とか。

わずか30秒の間にVRギアの真髄である「身体の拡張体験」を散りばめています。

これを見ていると、単なるゲームを超えて手に入れる「いろんな人の幸せ」を想像してグッとくるものがありました(戦いたいかは別として、ね)

「UNLOCK YOURSELF=じぶん自身を解き放て」というのもよく見えてきちゃうから不思議です。

たしかにね。自分という存在をこの場に縛っているのは「この身体自体」ですからね。「この身体」を抜け出す「仮想体験」はまさにUNLOCKしてると言えましょう。

メルロ・ポンティも、あの世で驚いてるかもしれません( ´∀`)

元ベンガル
元ベンガル

誰だよ、それw

ベンガルマン
ベンガルマン

昔、そんな人いたのよw

調べてみると、どうやらパソコン等がいらず、「これだけ」でVRのゲームなんかができるみたいです。

いや、楽しそすぎ、なにこれ

僕の好きなスター・ウォーズも…

このソフトからは、強いフォースを感じる

しかも50,000円切ってる⁈

おれの中古のiPhoneぐらいじゃねえか!勝手に15万ぐらいするもんだと思ってたぞ!

おそろしい時代だ。

もはやベンガルもこれで授業したくなってきました。

「よし、フィヨルド見に行ってみようか!」

「授業の復習としてマチュピチュへお家で行ってくること(新しい日本語)」

言ってみたいパワーワードがいっぱいの授業になるぞ、これは。

さて、これ以上調べると買ってしまいそうなので、ここらでやめておきます( ´∀`)

あまりにも危険な商品でした。

なんだかすごく勉強になった広告だったなぁ…( ´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる