高校入試の記事はコチラから!

かんたん!内申点の自動計算フォーム

沖縄県の高校入試において志望校合格の大きなポイントとなる内申点。

えすこ

内申点の計算ってどうやるの?

いま内申点は何点なの?と計算方法をくわしく知りたい方に向けてこちらの記事をご用意しました。

ページ下部には計算が自動でできるようにした内申点計算フォームを用意しています。

この記事でわかること
  • 内申点のしくみ
  • 内申点の計算方法
  • あなたの内申点(フォームで自動計算!)
学年末の通知表をもって読むと便利ガル!
目次

内申点って何?

そもそも内申点って何なの?という人もいるでしょう。

内申点というのは簡単にいえば通知表の54321の評定を足したものです。

各学年の総合評価で計算されます。(総合評価は学年の最後にもらう3学期の通知表に記載されています)

各都道府県で制度が異なり、沖縄県の高校入試では中1〜中3までのすべての学年の総合評価を合計します。

各学年で55点満点となり、165点(55×3)が満点です。

内申点=中1の通知表+中2の通知表+中3の通知表
満点は165点(各学年55点満点)

内申点と入試点の合計で合否が決まる。

入試当日に行われる学力検査(ここでは入試点と呼びます)と内申点の合計点で合否判定が行われます。

入試点:数英国理社の5科目各60点(300点満点)
内申点:数英国理社+技能4科目の合計(165点満点)

これらの合計でランク付けされ、合否が決まります。

そうなると、合格を決めるのは入試当日の点数だけではありません。

3年間の成績も大きく合否に影響することになります。

がんばればゴール(合格)に近い位置からスタートできるようになっています。

内申点と入試点の合計で合否が決まる。
コツコツがんばればゴールに近い場所からスタートできる

注意!技能教科は1.5倍!

内申点は通知表の評価を合計していきますが、1つ注意点があります。

技能教科は1.5倍することです!

英数国理社と異なり、技能教科は入試がない分重みが付けられています。それが1.5倍です。

たとえば

音楽が
3なら1.5倍して4.5点になります。
4なら1.5倍して6点に。
5なら1.5倍して7.5点になります。

英数国理社に目が行きがちですが、技能教科はかなりお得な科目です。

数学の4よりも音楽の3の方が強いわけですから。しっかりケアできるようにしましょう(´∀`)

技能教科をなめていると受験でやられてしまいますε-(´∀`; )

技能教科は1.5倍
技能教科までしっかりがんばるのがお得

沖縄県高校入試専用の内申点計算フォーム

内申点の自動計算フォームを貼っておくので、これを利用して内申点を確認してください(´∀`)

内申点計算フォームの使い方

①通知表を用意する。
②総合評価をそのままフォームで選ぶ

(技能教科の1.5倍は自動で計算されます)

③内申点を確認する(スクショ推奨)

TAG index Webサイト
科目 中1 中2 中3
国語
社会
数学
理科
音楽
美術
保健体育
技術/家庭
英語
合計
内申点

内申点を知ることで勉強の優先順位を決めやすくなります。フル活用してください(´∀`)

内申点のまとめ記事はこちら(´∀`)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる