ベンガルの掟〜みんなのための基本ルール〜

ベンガルについて

こんにちは!ベンガルでガンバルの学習塾ベンガルです!

ご入会いただきました方にお渡ししている学習塾ベンガルのルールを紹介しておきましょう。

ベンガルの掟

塾生に守っていただきたい基本的なルールです。

ほとんど問題なくご協力い頂いている事ばかりですが、改めて紹介しておきたいと思います。

あいさつをする

ほとんどの生徒ができていて気持ちのよいものですが、まずは「あいさつ」です。

というか、僕の方からあいさつをするようにしているので「きちんと返してね」ということです。

ベンガルマン
ベンガルマン

「返す」というのは「受け取ったよ」というメッセージにもなるガル!

机をきれいにする

塾では「同じ時間を過ごす仲間への心づかい」が必要です。

顔の見える範囲内の付き合いだからこそ、教室をきれいに使ってあげてください。

元ベンガル
元ベンガル

飲食店とかでも同じだな!

遅刻・欠席は連絡を入れる

遅刻・欠席の場合はご連絡をお願いいたします。

ベンガルマン
ベンガルマン

ご連絡は公式LINEやメールでOK!

部活動やご家庭での急な予定が入るのは仕方のないことです。

もしお休みや授業時間に間に合わない等がありましたら、ご連絡ください。

他の人の邪魔をしない

とても小さな教室です。少人数とはいえ、周りの人への影響は大きなものになります。

仲間への配慮を欠かさぬようにしてください。

自分にとってはささいな「おしゃべり」や「つぶやき」が他の人の集中の妨げになることもあります。

「自分らしく」過ごして欲しいと思っていますが、まわりの人への配慮を欠かさないようお願いします。

元ベンガル
元ベンガル

マナーってやつだな!

4つのDも禁じます

こちらはパンフレットに記載しておりますが、4つのD、すなわち

「でも」「だって」「どうせ」「できない」

の使用もお控えくださいませ。

これらの言葉はじぶんをダメにするパワーワードです。

じぶんだけでなく、周りもダメにしてしまう言葉なので、使用を禁じています。

4つのDを言わなくなるだけで、前向きな姿勢につながってきます。

差別的・偏見的な発言をしない

他の人をおとしめる発言はしてはいけません。

特にグローバルな時代で国籍的な発言はアウトです。

容姿、外見、出生地に関する「いじり」についてもその都度注意いたします。

僕自身もその類の発言はいたしません。何かあれば僕の方にも注意してください。

ベンガルマン
ベンガルマン

無意識に話してたりするからお互い注意が必要です!

ルールを超えて

「しない・しない」で息苦しい感じもしますが、これらはすべて学習塾ベンガルで気持ちよく過ごすためのものです。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

自分自身がそういう人間でありたいというものであり、じぶんの娘にもそうあって欲しいと願うものばかりです。

簡単なルールを守るだけで、僕たちはもっと気持ちよく過ごせますし、もっと成績を伸ばせますし、もっと良い関係を作っていくことができます。

僕も自信を持っているわけではありません。むしろ心づかいに欠けている人間とすら言えるかもしれません。

自戒をこめ、これらを「ベンガルの掟」とさせていただきます。

ルールを超えて、もっともっと素敵な学習空間と成長体験が提供できるようにしたいと思っています。

ご確認よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました