高校入試の記事はコチラから!

『しずくちゃん』シリーズが届けるもの

小学生クラスの休み時間に子どもたちが本を読んでいました。

小学生に大人気の『しずくちゃん』シリーズです(´∀`)

僕の娘も好きなようで自宅に何冊かあります。

「最初は、何これ?」ぐらいに思っていましたが、夢中で読んでいる姿を見ているとなんだかわかってきました。

気になって中を見てみますと、コマ割りされていて絵が豊富な漫画みたいな感じ?

「な〜んだ、漫画か〜」と思うかもしれませんが、案外字数が多いんです!

キャラが立っていてキャラクター像もしっかりしているし、好きなキャラとか見つけられればそれだけでも愛着が湧きそう。

知識を紹介する場面もはさまれていて、日本の四季について説明したり、動画撮影に必要な道具、工程などにもふれたりしています。

これはこれでアリです。

どんなものにも入り口が必要です。

おもしろくて楽しければ良いじゃない。本を手に取るきっかけになればそれで良いじゃない。

僕があの頃読んでいた『ズッコケ三人組』も人気シリーズだった『こまったさん』『わかったさん』も、小学生のど定番の「ユーレイ話」系の本も大人の目から見れば「何、これ?」だったと思うんですよね。

それでも読ませてもらったし、たくさん読んだし。で、今も本が好きだし。

あの頃読んだ本の内容はほとんど覚えてないけど、本の中の空気感とか読み進める時のドキドキとか、本屋さんで買ってもらった記憶とか残ってるものなんです。

読むことは学習の王道。

読むことができれば学べることが格段に増えます。読書は知に通じている。そう思います。

でも、小学生の頃の本ってドキドキとかワクワクとか自分で選んだりとか、体験そのものに価値があると思うようになりました。

物質的には満たされつつある子どもたちの世界でも体験・体感の価値は色褪せません。

親としても子どもが本を読んでくれるのは、この上ない幸せを感じます。本を読むというすばらしい体験を、この『しずくちゃん』シリーズが届けてくれているんじゃないかと思います。

小学生クラスのみんな。好きなものを好きなだけ読んで育っていってください。読書まじヤバいんだから。おじさん、本を読んでいて損したなって思うこと一度もないんだからな。たくさん読もう。好きなものでいいからさ。読書の先輩のおじさんとの約束だぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる