高校入試の記事はコチラから!

本番力模試に参加いたします!

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

ベンガルは年明けに行われる本番力模試に初参加いたします(´∀`)

そこで今回の記事では本番力模試についてご紹介したいと思います。

目次

本番力模試とは?

3塾での共同開催となる合同模試

本番力模試とは、沖縄市の学習塾Urumaさん、個別学習塾明進セミナーさんとの合同模試です。

沖縄市の非通塾の生徒もあわせて参加し、150名近い参加人数となります。

使用するのは教育開発出版さんの『おきなわ県模試2021年度1月号』。

今回で8回目の開催となり、ご縁があってお声がけいただき、参加をお願いさせていただきました。

ベンガルマン

実は去年お手伝いに行きました!

コンセプトは「入試当日を完全再現」

「入試当日を完全再現」をコンセプトに掲げています。

入試当日と同じ時間割で模試を行い、もちろん面接試験まで行います(´∀`)

面接試験では自塾の生徒を担当しないよう、面談担当が調整されます。

受験票も用意され、お弁当の時間もございます。

保護者様におかれましてはお忙しい中にご負担おかけしますが、入試当日の本番力を高めるためにご協力お願いしたく思います。

ベンガルマン

忘れ物のないようにするガル!

表彰もございます!

本番力模試では、成績優秀者への表彰もあります。

主な表彰は以下の通り

  • 総合TOP10(5科目の合計得点の上位10名)
  • 科目別TOP5×5(各科目の上位5名)
  • UP賞TOP5(おきなわ県模試8月号からの得点アップの上位5名)

その他、ベンガル生から要望があったのでベンガル内でも表彰物を用意したいと思います。

ベンガルマン

何にするかはまだ決めていないガル…笑

ベンガルが参加する3つの理由

真剣勝負の場として

知らない他人と一緒に座り、同じ問題を真剣に解くという経験は得がたいものがあります。

ご存知の通り、入試は真剣勝負です。

もちろん日々の授業も模試も真面目に取り組んでいますが、見知らぬ生徒の中に混ざって受ける模試での重圧からは得られるものが多いと考えます。

表彰をめざし、自己ベストをめざして受験勉強により一層の熱さを求めていくきっかけにしてほしいです。

アウェー決戦の場として

ベンガル生のみんなにがんばってほしいのはアウェーでの勝負です。

アウェーとは、自分の本拠地(ホーム)でない場所という意味です。

ベンガルというホームを離れ、沖縄市の会場で沖縄市の塾の生徒に囲まれて模試を受けるわけです。

少人数の塾は顔の見知ったメンバーでの濃度の高い学習空間が生まれます。頭の良さも努力もミスも怠惰も、すべてのみこみ受け入れられていく空間です。

その分、入試本番の孤独な戦いへの耐性をつける必要があります。

参加塾の中でもっとも人数が少ないベンガルだからこそ、得られる学びは大きいと思っています。

緊張のワクチンとして

どうやっても入試本番は緊張します。もちろん本番力模試を受けても緊張はします。

しかし一度緊張を味わっているからこそ、前もって準備できることが増えることは確かです。

緊張して面接で何を話すか飛んでしまったからこそ、練習できます。緊張して力が発揮できなかったからこそ、今まで以上の力をつける必要に気がつきます。

一度緊張を味わったからこそ、本番での緊張も和ら、緊張への対処を学ぶことができます。

日程と開催場所について

  • 日程:2022年1月15日(土)〜1月16日(日)※両日とも9:30開場
  • 持ち物:受験票・時計・筆記用具・コンパス・マスク・弁当
  • 備考:スマホ・携帯電話は来場時に回収ボックスにておあずかり。

場所は沖縄市産業交流センターとなります。泡瀬漁港のパヤオ隣です。

詳しくは下の地図をごらんください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる