高校入試の記事はコチラから!

英単語をセルフチェックできる練習法

こんにちは!うるま市にあります学習塾ベンガルです!

ふと生徒の英単語の練習を見てアドバイスしたので、そのことについて書きたいと思います。

今年度から教科書に載っている英単語のがすごいことになっています。昨年の倍です。

なので授業の中だけでは英単語を覚えることは不可能。じぶんで練習しなければなりません。

テスト前の勉強をしていた生徒の単語練習を見ているとこのように書いていました。

英単語の書き方のコツ
元ベンガル

普通じゃん?

ベンガルマン

普通はこうだよね

英単語の練習は落とし穴があります。それは頭を使わないということ。

英単語をノートいっぱいに書くと勉強した気になりますが、全然覚えていないという生徒も中にはいたりします。頭に入れようという努力や入っているかの確認を怠ってしまうとそうなります。

横に単語を書き連ねているうちにボーッとしちゃったりするんです。

覚えたかをセルフチェックしながら書く必要があります。

このセルフチェックがなければ、ただの作業になることもしばしば。そしてセルフチェックは面倒くさいんです。ついついボーッとした頭のまま書いていってしまうんです。

そういう時にはこういう風に一つずつ書いてみてください。

英単語の書き方のコツ

ひとつずつ覚えているかをチェックできるので、テキトーに書き流すこともなくなります。

2周目、3周目と書ける単語が増えていくはずなので練習する回数も減ります。

空白を作るとまずいもの(学校の宿題とか)だと使えないかもしれませんが、1回ずつ覚えてるかをセルフチェックできるのでおすすめです。ベンガルでの練習はこれでOKです。覚えるために書いてると思うので。

すこし大変かもしれませんが、工夫一つで覚えられるようになるんだからやるしかないですよ!

それでは本日はここまで。すばらしい勉強になることを祈っています。

英単語学習の順序について知っていますか⁈

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてもいいんだぜ?
目次
閉じる